在宅介護 「限界」7割 家族の負担浮き彫り 毎日新聞2016年4月4日 07時10分(最終更新 4月4日 09時39分)

mainichi.jp

私は精神科に罹っているから、不眠症経験など慣れっこだから…。不眠というよりも睡眠で全く疲れが取れない状態だったときに、オルニチンを飲んだら、劇的に睡眠障害が治ったりしましたよ。それから奇跡の回復を経験し、今に至っております。サプリは良く否定の対象になってしまうけれども、私はオルニチン、黒酢、肝油、亜鉛などを取って、さらに頸椎牽引をしたら、完全に慢性疲労を脱しましたよ。もうそれから、眠りが深くなり、心も落ち着き、今となっては介護老人を抱えるのも、大変だという気がしなくなってきました。近所に認知症デイケア施設があるのも強みかな? お袋を連れて歩く、美術館などの公共文化施設も多く、散歩に苦悩することもないし…。第一病院に巡回診療をしてもらい、認知症は大江病院の分院が駅近くにあるから、毎日通わせれば、私の負担は少なくて済むと思う。私は在宅ケアで乗り切り、人生を後悔しなくても済むよう努力したい。^^♡