中東の一層の不安定化懸念…サウジ・イラン断交 2016年01月04日 14時01分

www.yomiuri.co.jp

イランは求心力と遠心力が回復し国際社会に復帰しようとしている。サウジは国内的に政治的圧力を外に向けなければいけなくなっているのであろう。一つにサウジの外相兼防衛担当相が強硬なことが要因として考えられる。政治的駆け引きがかなりの部分で柵として重複しており、この二国間の争いは、時間物理的にかなり混乱する要因となるであろう。イランと和解を果たした合衆国が、蜜月だったサウジとどう関係を構築するか? イラン、サウジ双方が最終兵器を保持していないのであるならば、合衆国、EU、日本は静観をしているしかないのではないか? しかし、サウジもイランも重要な産油国。この関係を正常化させることは、大変な手間暇がかかることが想起され、傍観に徹することは出来ないであろう。エルサレムで前世に関する確認事項、「割礼」を終わらせ、病理基準を設けて社会保険制度で要割礼病理を治療する。旧約聖書はその効力が無くなったことを宗教合意すること。そこから始めるしかないのではないか? そう…既に旧約聖書は無効になっております。新約聖書コーランをしか、神学的効力は持っておりません。人類は自らに前世があることとその確認方法を理解し始めている。この時点で、もう旧約聖書の時代は終わりを告げることを確認するべきであろう。…