コスト3分の1…国産小型ロケット燃焼試験成功 2015年12月21日 18時47分

www.yomiuri.co.jp

宇宙技術。我々も持ちたいなあ。

スペースシャトル台の大きさの焼成技術が無いと、継ぎ目無しのシャトルの胴体が作れないよね。狙うはこの技術だな。でないと星間航行が出来ないですよね。思い切って、宇宙の無重力大気無しの環境下で焼成できるセラミック技術の開発が出来ないかな? それが出来たら、最新宇宙時代の幕開けだよね。^^