モール温泉の保湿効果確認・・・帯畜大など=北海道

モール温泉の保湿効果確認・・・帯畜大など=北海道

十勝川温泉「観月苑」のモール温泉の露天風呂(音更町で)
 十勝川温泉などで湧く「モール温泉水」が、保水性を高める効果を有していることが確認された。帯広畜産大と十勝川温泉旅館協同組合が行ってきた研究で明らかになった。帯畜大などでは詳細な研究成果をとりまとめ、今秋にも行われる学会で公表する方針だ。

 モール温泉は、太古の植物などが蓄積した泥炭(モール)を含んだ褐色が特徴で、十勝川温泉の代名詞ともなっている。美肌の湯と言われてきたが、これまで正式な研究結果はなかった。

 このため、同組合から依頼された同大の得字圭彦准教授(分子生物学)が昨夏、研究に着手。培養したヒト細胞に、蒸留水とモール温泉水をそれぞれ与え、細胞内のたんぱく質を合成する際に必要となる遺伝子の状況を調べた。その結果、モール温泉水を与えたヒト細胞は、保水性を高めるたんぱく質を増産し始めたという。

 同組合は研究と並行して化粧品メーカーとモール温泉を利用した化粧品の開発を進めており、今年4月下旬からモール温泉水を使った化粧品を販売している。

(2013年5月12日5時0分 読売新聞)
→ http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#/news_20130512-119-OYT8T00020/scrap_list_FD00000000

へ〜、モール温泉って、肌の保湿に良いんだ。「湯の華開発」。私だけでなく誰でも考えだしそうなことだよね。それにしても化粧水まで商品化されているとは…。今度買ってこよう。^^