ロボット市場 拡大図る…介護ロボ普及策 中小企業参入に道

ロボット市場 拡大図る…介護ロボ普及策 中小企業参入に道

 政府が1台10万円程度の「介護ロボット」普及に乗り出すことは、ロボット市場の拡大につながる。要介護者の自立と介護職員不足の緩和、新産業育成という一石三鳥の効果も期待できる。(佐藤友紀

 高い国際競争力を維持してきた日本の産業用ロボットは、国内製造業の空洞化などで需要が頭打ちになりつつある。日本ロボット工業会の統計では、2013年1〜3月期の同会正会員など42社の受注台数は5四半期連続で落ち込んでいる。

 しかし、センサーやモーターなどの分野に機能を特化すれば、中小企業でも競争力のあるロボットを開発でき、ロボット産業全体の底上げとなる。

 経済産業省は介護用だけで35年に4000億円、製造用まで含めるとロボット市場は9・7兆円の産業になると試算する。同省は「日本の自動車産業は高性能少量生産のフェラーリ型ではなく、大量生産されたカローラ型が先導した。10万円の介護ロボットも同様の存在になれる」と期待する。

 高齢化の進展とともに需要増が見込まれる介護用ロボットは、00年ごろからホンダやキヤノンなどが研究開発を進めてきた。しかし、技術の粋を集めた人型ロボットは1台あたり2000万円にも達し、「利用者が増えないため量産できず、価格が下がらない悪循環」(関係者)に陥っている。

 そこで政府は、コスト削減のため、特定の機能に絞ったロボット開発を促すことにした。例えば、腕で高齢者などを抱え上げて移動させる人型ロボットではなく、介助者が抱え上げるのを補助する機能に特化した簡易なロボットならば、10万円程度で造れるという。

 村田製作所と歩行支援ロボット「KeePace(キーパス)」を共同開発した福祉用具メーカー「幸和製作所」(大阪府)は「介護保険適用の幅が広がれば、製品開発の後押しになる」と歓迎する。

 高齢者の入浴や車いすへの移動支援などで介護職員の7割は腰痛に悩まされており、離職率も高い。介護ロボットが普及すれば、介護職員の負担軽減も期待できる。

 介護ロボット普及には、安全基準作りも重要となる。甘利経済再生相は27日、日本テレビの番組で「年末までに基本的な安全基準を作る」と述べた。ロボット製造の際に配慮すべき安全性の程度がわからず、参入をためらっていたメーカーを、後押しする考えだ。

(2013年4月28日3時12分 読売新聞)

私は母を自宅介護して、最期まで見守ってあげる心算なので、それに適した仕事に今から就こうと考えております。それには今から先を打って、介護サポートロボットの力を借りる準備をしなければいけない。保険で月数百円ならば、是非使ってみたい。一台10万円を何も考えずに購入するわけにはいかないですよね。母の老後は介護サポートロボットの力を借りて、少しでも負担を軽減しながら行う方法を考えよう。頭を使わなければ、今日日の老人自宅介護は出来ないですよね。ただ母が胃ろう老人になってしまったら、どうするべきか? 私が自分の頭で考えても分からないので、本を買って読もうと思っております。


しかし胃ろう老人の母の介護という状況を想定しても、肝心の母は延命治療拒否を今から言っているのです。具体的に何が嫌なのか言わないが、きっと胃ろう、介護入浴等を指すのであろう。
胃ろう拒絶。最近の私はその対処に関して、思い悩んでいるところであります。


私も一人で考え込んではいけない。他人の意見を率直に求めて解決策を見つけるしかないと思っております。
少しだけ市のケースワーカーにお世話になる事を考え、多少お金が掛っても、母の老後を貫徹したいと考えております。


私もアーテン服用後、ネガティヴとポジティヴを行ったり来たりしているが、薬で前向きになれるのであるのならば、それに頼ろうと思っております。母を介護した経験は、自分の老後に生きて帰って来るのであろう。自分自身の一つの区切りの目安として、母の老後を見届けようと思っております。^^ 


それから自分の人生を謳歌して立て直そう。母に木端微塵にされた人生だったが、恨んでもしょうがあるまい。この問題女性はどこから生じたのか、じ〜っと母を見つめ考えている、最近の私でありました。^^ 


しかし教師になっていたら、小説家にも、発明家にもなっていなかった。今の私は無いし、今の日本も無いのでありましょう。それを考えると、今回の出来事は、神の匙の加減の範囲のうちだったのであろう。


しかし、国策盗聴を許してはいけない。そのことを強く考えている私でありました。