仏、同性婚法が成立

仏、同性婚法が成立
 【パリ=三井美奈】フランス国民議会(下院)は23日、同性結婚を合法化する法案を可決し、法案は国会で成立した。今夏、発効の見通し。ロイター通信によると、同性婚の合法化を決めた国としては、世界で14番目となる。

 採決では保守系野党が反対に回り、賛成331票、反対が225票だった。法案は性別を問わず結婚の権利を認め、同性カップルによる養子縁組を可能にする内容。仏では1999年に成立した民事連帯契約法で、同性カップルも事実婚として登録すれば結婚した夫婦と同じ社会保障や税控除が認められている。同性婚の合法化は、昨年5月に就任したオランド大統領の公約だった。

(2013年4月24日3時11分 読売新聞)
→ http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#/news_20130424-118-OYTPT00134/scrap_list_FD00000000

同性愛者の遺伝子が減っていくことが望め、良い事ではないかと思っております。同性愛者が重婚が出来ない限り、同性愛者の遺伝子は随時減っていくのだから、フランスが同性愛者の権利を認める判断をしたのは、寛容な処置だと思いますよ。
新約聖書で二千年同性愛を否定してきて、それで駄目だったのだから、致し方ないでありましょう?
私はフランス政府の政策を支持したいと思います。^^