石川知裕議員、辞職へ…来月にも表明=北海道

石川知裕議員、辞職へ…来月にも表明=北海道
 小沢一郎・生活の党代表の資金管理団体陸山会」を巡る政治資金規正法違反(虚偽記入)事件で有罪判決を受け、上告中の新党大地石川知裕衆院議員(比例選北海道ブロック)が5月下旬にも議員辞職を表明する見通しとなった。同党関係者によると、親しい議員らにはすでに議員辞職する意向を伝えているという。

 石川氏は13日、札幌市で開かれた同党の会合で、自身の議席を「鈴木宗男代表や新党大地の仲間のために勝ち取った1議席だ。重みを十分に心得ている」と述べ、近く進退について最終判断する考えを示した。

 鈴木代表は石川氏に対し、上告を取り下げ、有罪判決を早期に確定させ、3年間の公民権停止後の衆院選に再出馬するよう促している。会合後、鈴木代表は記者団に「石川氏の英断を多としたい。賢明なしかるべき時期に、石川氏が公の場で記者会見なり、きちっとした意思表示をされると思う」と語った。

 一方、石川氏は「不当判決に対しては、これからも断固戦っていく」と語り、裁判については今後も上告を取り下げず、無罪主張を続ける考えを示した。

 石川氏は昨年12月の衆院選で、道11区から出馬し、自民党中川郁子氏に敗れたが比例復活した。石川氏が議員辞職すれば、惜敗率で2位だった鈴木氏の長女、貴子氏が繰り上げ当選する。

 石川氏は議員辞職する見通しになったが、同氏の連合後援会の藤浦義弘会長は、取材に対し「議員辞職もあるかもしれないということは、(後援会の)話し合いでも出ていた」と冷静に受け止めた。

 石川氏が上告を取り下げず、有罪判決が確定した場合は次回衆院選に立候補できなくなる可能性があるが、昨年12月の衆院選で石川氏を支持した鈴木仁志・帯広市議は「いかなる選択となっても、再度、石川氏が十勝から立候補できるようになるまで応援し続ける」と話した。

(2013年4月14日12時3分 読売新聞)
→ http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#/news_20130413-119-OYT8T01336/scrap_list_FD00000000

石川氏はストラテジックで良いのではないでしょうか? 決して後ろ向きの判断ではなく、前向きの判断だと思う。公民権停止時は、当然改憲論に関して勉強なさるのでありましょう? ただ衆議院はいつ解散になるか分からないですものね? 公民権停止時は、『選挙のあるなしに拘らず論』で勉強されると良いと思いますよ。そうすると私との専門能力的な敷居は下がると思う。私の「力」の部分の良い意味での禅譲が出来ると思う。所謂ライフワークは、多くって正解でありましょう? 
新しい領域と言えば、十勝帯広と中国大陸本土との交易拡大論でありましょうか? 中国為替動向と日本の第一次産業動向の政策的立案が、全く新しい政治前提になって来ると思われますよね。そこで政治的パイオニアに成れれば、政治的には正解でありましょう?

私にはそこまでしか言えないです。また新しいアイディアが思い浮かべば、ブログに書きたいと思います。^^