起立し議長迎える慣習、民主・細野氏がチクリ

起立し議長迎える慣習、民主・細野氏がチクリ
 衆院本会議で議長が議場入りする際、出席議員が起立して迎える慣習が今国会から復活した。

 代表質問が行われた30日、大半の議員が起立して伊吹議長を迎えた。

 この慣習は2008年5月、自民党出身の河野洋平議長時代、議会の規律を守る目的で、与党が野党の民主党などに呼びかけて始まった。正式な与野党合意はないが、09年秋の政権交代前後までは続いていたようだ。

 民主党の細野幹事長は30日、自らのメールマガジンでこの慣習を紹介し、「自民党は、(民主党政権下の)横路孝弘議長に対して(起立して)敬意を表することをしなかった。悔しい思いはある。しかし、自民党と同じことはしたくない」と記し、自民党の対応をチクリと批判した。

(2013年1月31日8時3分 読売新聞)

議事の規律を保つために、起立をするというのは良い事ですよね。

それはそうと皆さん。
次の天皇の時代に、国会議事堂を新しく建築しては如何でありましょうか?
東京首都機能も三権商都は別の機能を持たせるという意味で、三権奥多摩に遷都。
現在の区政は、商都としての機能を充実させる。
これでどうでありましょう?
新都は、やはり刷新という意味で碁盤の目状に建設をして、地下都市機能を充実させる。

「盤上大深度地下首都」と銘うって、新しく建設するのが良いと思いますが、如何でありましょうか?

私は地下都市機能の充実した都機能は、次世代の政治要件としては、重要なことだと思っております。商都東京区政も、海岸淵から高台に移動。
スーパー堤防、スーパー防波堤を築くよりも、安く済むのではないかと思っておりますが、如何でありましょうか?
空いた埋立地は国際市場域へと特区化し、地盤嵩上げ後、外国人街を建設する。

これからの首都は国際性を重視する姿勢が求められ、移民に関しても、積極的に門戸を開放するべきだと思いますが如何でありましょうか?

出来るだけ首都機能の充実を低予算で達成するには、奥多摩に盤上大深度地底首都構想が安く済んで良いと思いますが、如何でありましょう?

国会議事堂は現在の物の耐震設計化したものをデザインして、あまり高層化したものを建てないようにする。広く土地を使った方が良いと思いますが、如何でありましょう?

どうでありましょうか?