生活保護7%程度下げ…政府・与党方針 生活扶助、段階的に

生活保護7%程度下げ…政府・与党方針 生活扶助、段階的に
 政府・与党は22日、2013年度以降の生活保護費のうち日常生活の費用である「生活扶助費」の給付水準について、3年程度かけて段階的に6〜7%引き下げる方針を固めた。約800億円の削減となる。10年度の生活扶助費は約1兆1552億円だった。

 給付水準の引き下げは、13年度予算編成の大きな焦点となっている。下げ幅をめぐっては、厚生労働省の審議会が16日、多人数世帯の保護費ほど一般の低所得世帯の生活費を上回る傾向があるとの検証結果を公表。この逆転現象の解消と、05年度以降据え置かれてきた水準について、近年のデフレによる物価下落に連動させる必要があるとし、全体で6〜7%程度の引き下げが妥当だと判断した。

 ただ、全世帯一律ではなく、2人以上の多人数世帯を中心に引き下げ、全体で6〜7%とする方針だ。

 政府は3年程度で段階的に引き下げつつ、自立に向けた就労支援対策を重点的に実施するとしている。実施時期は、自治体の体制作りを考慮して4月は見送り、参院選以降に調整する。

生活保護費】憲法で保障される最低限度の暮らしが出来る「最低生活費」から収入を差し引いた差額を支給する。食費や光熱費などの生活費をまかなう「生活扶助」をはじめ、医療サービスにかかる「医療扶助」、アパートの家賃などの「住宅扶助」など計8種類ある。

(2013年1月23日3時19分 読売新聞)
→ http://premium.yomiuri.co.jp/pc/?from=yolgn#/news_20130123-118-OYTPT00171/scrap_list_FD00000000

7%ね。そこが落としどころかな? 始めから素直な数字が出てきたな、と思っております。これからまだ生活保護受給者は増えてきますよね。その分の捻出のためには仕方がないことですよね。ただこれは、日本の経済がインフレに戻る過程の一時期の判断だと思っておりますよ。デフレが脱却されたら、元に戻すべきだと思っております。

NPO法人生活保護受給精神障がい者は、皆で芸術家、発明家になろう講座』っていうのを開設したらどうなるかなあ? 病気になっていたら、進行期にはとても無理だけれども、回復期にあるならば、無理な話ではないでありましょう? 和性ゴッホなんてのも悪くはないな。和性ピカソでも良いかもしれない。勿論プロの作家としてだけれどもね…。無理か?^^

情緒に障害が出てくる病なのだから、少しでも情緒機能回復努力をさせるべきだよね。精神障がい者は一般職種に仕事に就くなんて言っても、大概は無理。『傷つき』やすいのです。所謂根深く、根に持つようになってしまうのです。とても治る見込みは無い人が多い。


そんなかんなでベーシックインカムに関しての政治的話はどうなったのであろう? 私は年金と生活保護支給は同時に満たすべきだと感じております。ただ一部に言われているように、7万円支給ッテいうのはどういった金額査定なのであろう? それが東京の平均的ベースなのかな? まさか〜。それでは生活できないですよね。
家賃1万5千円の家に住み、その分の差額で、あと最低9万円無いと、最低限の暮らしは出来ないでありましょう?
これは私の正直な感覚だな。7万円で全生活費を捻出しなさい、なんて出来るわけがない。

障がい者でない人には生活保護脱却のシステムとして、起業に関する動機づけとそのプロセスを用意するNPOを立ち上げなければいけないですよね。


しかし、現時点でもそれは行われているし、あとはどんな努力をしなければいけないのであろう?
考えちゃうなあ。

精神障害の現場をつぶさに見て、治らなくさせているのは医者だなと思う反面、確かにこれは治らんわと思うのも実際。薬は廃人薬と同意だなと感じていた時期があるのも実際。周りの理解が必要なのも実際の話なんだなあ。と思うのは、私の経験談でありました。


健常者が生活保護を受給する環境を、早く脱しなければいけないですよね。まずは働くことの動機づけからかな? それとセットで、ベーシックインカムを支給させなければいけないですよね。
兎に角東京査定で、ベーシックインカム支給費が7万円強なんて嘘っぱちだと思っている私でありました。そんな馬鹿な査定が、貧困対策専門家からはじき出された金額だというのは信じられないな。


もう一度現実を良く観察するべきだと思っております。^^ 家賃込みで10万円は最低必要。それが現実だと思う。

でも勉強代、本代、新聞代が支給されるならば、7万円はアリかもね。そこだよね〜〜〜。