軽減税率 早期導入へ動き…公明、自民に決意示す

軽減税率 早期導入へ動き…公明、自民に決意示す
 公明党は、食料品など生活必需品の消費税率を低く抑える軽減税率の導入に向けて動き始めた。早期導入を優先し、税率を5%から8%に引き上げる2014年4月の段階では適用対象を絞り込み、10%に引き上げる15年10月に対象を広げる「2段階導入」案が軸。1月下旬にもまとめる13年度の与党税制改正大綱に明記するよう自民党への働きかけを強めていく方針だ。

◇「2段階」が軸

 公明党の山口代表は7日、首相官邸で行われた政府・与党連絡会議で、安倍首相や麻生副総理、自民党の石破幹事長らを前に、「税制は負担も含まれているので、国民に理解いただける内容に制度設計することが重要だ」と訴えた。軽減税率の導入を念頭に、導入に向けた公明党の決意を政権幹部に示した格好だ。

 公明党は政府・与党連絡会議の直前、国会内で税制調査会総会を開き、13年度税制改正に向けた議論をスタートした。斉藤鉄夫税調会長は冒頭、「8%段階からの軽減税率の導入について大綱で明確な方向性を出していかなければならない」と強調した。

 軽減税率の導入について、自民党内にも、公明党と昨年12月に結んだ連立合意に、軽減税率導入の検討が盛り込まれたことで、「公明党の強い意向を無視するわけにはいかない。最終的にはやらざるを得ない」(自民党幹部)との意見は強い。

 一方で、自民党内には「対象品目を広げると肝心の税収が伸びなくなる」としてなお慎重論がある。納税額を算出する際に標準税率と、軽減税率の商品の取引を正確に把握する必要があり、事務負担の増す小売店などから反発が出ていることも背景にある。

 そのため公明党は、8%段階では適用対象を限定する2段階導入案を「軽減税率を定着させていく上で順当なやり方だ」(斉藤氏)として、自民党内の慎重派から理解を得る「落としどころ」とする構えだ。8%段階の対象は、「コメ、みそ、しょうゆ、全国日刊紙など」(山口氏)と水道水程度にすることを検討している。

 両党は、8日に政調会長らによる与党政策責任者会議、9日に税調会長らによる与党税制協議会を開き、すり合わせを急ぐ方針だ。

(2013年1月8日3時18分 読売新聞)
→ http://premium.yomiuri.co.jp/pc/?from=yolgn#/news_20130108-118-OYTPT00144/scrap_list_FD00000000

軽減税率の導入は、今後の税制上外せない案件ですよね。私ら貧乏人にはどれだけ有難いか分からない。単純に言って、私の生活費の支出の殆どは食費だから、年間の消費税はざっと見積もって40万円の5%で2万円。10%なら4万円。軽減税率が導入されるとして年間2万円の違いは多きいなあ。軽減税率導入でどれだけ税負担が減るかまだ分からないが、約1万円くらい違うのではないかな。これから電気代、燃料代が嵩むからね。将来的に消費税増税が更にされて、生活保護費が減らされたら、大分切り詰めなければいけないよね。もうそろそろ遊興費は無くさなければいけないな。折角ゲーマーのお友達が出来たのだが、今後は支出は減らさなければならないな。
心して暮らしていこう。
小説家、発明家が、古今東西儲かっているなんて話は聞いた事ないよね。それは盗人が大勢いるから…。創造者の話は、殆どが奈落の底の話だが、それでも創造に意識が向かうのは何故であろうか? 企業体に属さなければ、創造が罷りならないというのは悲しい話だよね。


障がい者はSOHOという企業形態で納税責任を果たし、その上で社会保障が付くような上手なやり方は無いのかなあ? 無い知恵を働かせて、新しいシステムを考えるのも、企画業の仕事だよね。IT産業で働いてみてから判断しよう。


障がい者雇用形態の企画化。この考え方が有るのと無いのとではどう違うのだろう?

麻生さんではなあ?…

次の税制担当の大臣の誕生を待つしか無いかな? 年金受給平均額まで生活保護を削るのは、ある意味正論であろう。が、しかし…。