「猫の本屋さんの松田伸治支店」「理想書店」

松田伸治作品は、猫の本屋さんの松田伸治支店
→ http://city.hokkai.or.jp/~shincyan/
または理想書店 
→ http://voyager-store.com/risohshoten
にてもお買い求めいただけます。
サイト内の検索で「松田伸治」と検索して、お買い求めください。

★============================★
毎度ありがとうございます。
松田伸治です。

私事でありますが、松田伸治小説の売り込みに応じてくれる、口コミ専門の本屋機能は存在しないのであろうか? 広告と口コミとどちらが優位か?
はっきり言って私の経験からは、口コミで広がっていくのが一番実績が上がるような気がしているのです。
そういった意味では、本当にHP、ブログというのは不可思議な魅力あるシステムだと思います。
広告の直ぐ脇で、口コミ効果が期待できる。
全く素晴らしいシステムだが…、どこかにもう一種類の販促媒体が有っても良い気がします。それを探すことも日課のうちに加えようと思っております。

そういった意味で、フェイスブックは私の興味の対象であります。興味津々であります。

一体こんなシステムを誰が企画したのだろう?
誰もそんなこと気に留めないのね?????

私はもっと自分を売り込むべきだと、一人反省しているのでありました。


というわけで今週も、
松田伸治作品をご紹介します。
その前に小説を読むためには、
T-Timeのダウンロード
→ http://www.voyager.co.jp/T-Time/update/
Lhaplusのダウンロード
→ http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se169348.html
(および場合によりまして、アップル-QuickTime-ダウンロード
→ http://www.apple.com/jp/quicktime/download/win.html
)が必要です(無料)。
携帯電話用T-Timeダウンロード
→ http://www.voyager.co.jp/T-Time/index.html
もあります(有料)。

(注) 「理想書店」では、「ポシブル堂書店」「猫の本屋さん」のデータ様式とは違うドットブック拡張子.book)様式でのデータ配布となります。T- Timeでご覧になられる場合、PCでは問題がありませんが、携帯電話用T-Timeでご覧になる時には、フォーマットが変更され、そのままになる事が御座いますのでご注意をお願いいたします。

それではお待たせしました。松田伸治作品の紹介。
======== 松田伸治中編文学集 Ⅰ

著 者:松田伸治
値 段:525 円(税込)
出版者:猫乃電子出版
ISBN 978-4-902463-70-5
サイズ:172 KB

『雪蟲舞う頃に』『青空の中の太陽のない罪は』の二作品を収録。

『雪蟲舞う頃に』は、作者のデジャヴの体験を作品化したもの。
『青空の中の太陽のない罪は』は、「ヴェルレーヌ詩集」、カミュの「異邦人」を拠り所として、作者の自然観を表現したものであります。

作者はヨーロッパ自然主義の、日本における正統な後継者であると自認しております。
その気持ちの表現をしたものであります。


======== 松田伸治中編文学集 Ⅱ

著 者:松田伸治
値 段:525 円(税込)
出版者:猫乃電子出版
ISBN 978-4-902463-71-2
サイズ:161 KB

『異邦人』『TREE  甘えたい時には、はちみつをお湯で割ればよい』の二作品を収録。

『異邦人』は作者の代表作のうちの一つ。
ランボオ詩集と、裸婦を前面に押し出した、美意識の詩小説であります。

『TREE  甘えたい時には、はちみつをお湯で割ればよい』は、大人になりかけの青少年の才能を、大人が掻い摘むとどうなるかという、作者の実験的作品です。
事実として真に受けることに警笛を鳴らしたくなりますが、今の世の中へのアンチテーゼを表現したものであります。


======== 松田伸治中編文学集 Ⅲ

著 者:松田伸治
値 段:525 円(税込)
出版者:猫乃電子出版
ISBN 978-4-902463-72-6
サイズ:204 KB

『猫竹今昔物語 (みょうちくこんじゃくものがたり)』、『角嫌い 真珠と貝』の二作品を収録。

『猫竹今昔物語』は難解なアイロニー文学。そのまま素直に読んでも一切読書が成り立たないと思われます。
作家という身分になって初めてわかる、――読者のための小説ではなく――、あくまでも創造者の立場になって初めてわかる、暗号式のような小説であります。

『角嫌い  真珠と貝』は、作者渾身の一作。男性が書いた女流文学です。
『浸食』を受けている自我と『浸食』を誘っている自我との、解釈の相違を物語化したもの。
松田伸治の代表作であります。

皆様の忍耐とそれにおいて鍛えられていく美意識の深度に期待をして、この作品群を発表するものであります。
肉体と精神を飛びぬけている、その言葉の羅列に、負けずに読んでくださいませ。

きっと一端の皮肉屋にはなれるでありましょう。笑^^

毎度ありがとうございました。