反日デモ「琉球を取り戻せ」北京の日本大使館前

反日デモ琉球を取り戻せ」北京の日本大使館


北京の日本大使館前で、尖閣諸島の領有権を主張する活動家=青山謙太郎撮影
 【北京=関泰晴】沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の日本領有に反対する中国の民間団体「中国民間保釣連合会」のメンバーら約30人が15日午前、北京の日本大使館前で抗議活動を行った。

 大使館周辺では公安車両40台以上が警戒に当たった。活動家らは、15日午前10時(日本時間同11時)ごろ、「対日宣戦、釣魚島を取り戻せ」「琉球列島を取り戻せ」などと書かれた横断幕や中国の国旗を持ってデモ行進。大使館前で日本政府に対する抗議文を読み上げるなどして気勢を上げた。

 中国当局は一定の抗議活動を容認し、反日感情のガス抜きを図る一方、沿道の市民が合流してデモが拡大するのを防ごうと、厳重な警戒態勢を敷いて規制した。

(2012年8月15日12時58分 読売新聞)

中国は一人っ子政策の行き過ぎで社会福祉体制が布けず、これからどうやって政策運営していくのだろうか? 中国経済成長の壮年期はあっという間に訪れて、残された国民は一人で二人以上の老人福祉を実現しなければいけなくなりますよね…^^。ちょっと起業案内出すのに思惑は引き気味かな…。これは大きな国際破綻を覚悟しなければいけないかもしれない。

日本は老齢社会到来に関して、漸く舵を切りましたよね。でも、間に合うかな? 日本は中国に国債発行を止すよう助言する必要がありますよね。
中国の場合国債発行は命取りになりますよ。
日本は今後、ASEAN中央アジア、インド経済への進出に切り換えるべきであります。急ぐ必要は無いけれども、軽労働関連の中国依存を今後自粛する必要があるかもしれない。水があって、温かく…。そんな好条件の地域は限られるのかもしれない。そして急いで、日本国国債の償還策を実施する必要があるかもしれない。

中国は人口分の内需を捻出する力を無くすかもしれないですよね? 日本は今から、その可能性を観察しはじめておく必要があるのかもしれない。

中韓日発の国際経済破たんは、国債償還が出来なくなったとき…。

それを見越すなら、人口政策に比較的余裕のある国に、企業退避させておくのが、適策ではないでしょうか?
次に資源国に、教育支援を開始する時期に来ているのではないでしょうか?

そこに地盤を築かないと、日本経済はいよいよ危ない事態を迎えるかもしれない。
少しリスクの可能性判断の方向を修正するべきでありましょう。^^

この事はもう言われていたことだけれども、そろそろ顕在化傾向が出るかな?

日本は国内のインキュベーション事業に、競争原理を導入するべきだと思います。そのためには知的財産権盗難の情報は、早くにつかまえておくべきだと思います。
そういうわけで、今の日本政府と知財盗作企業群との癒着構造は、早くにその状態を脱却するべきだと思っております。

企業ガバナンスの正常化は、急いだ方が良い。
知財盗作者は、窃盗罪で早く捕まえるべきだと思いますよ。

私はもう何年も前に、被害届を警察に提出しているから…。
警察は何もやっていないけれども…。^^

日本は知財盗用を許し続けると、香港の二の前になりますよ。経済独自性の消失と共に、大国経済に飲み込まれる事態が来るかもしれない。

著作権侵害は、早めに窃盗罪で逮捕するべきだと思います。

これは日本国政治家への忠告かな。^^