首相問責 お盆前提出も

首相問責 お盆前提出も
◇自民 早期解散狙う


参院社会保障・税一体改革特委で答弁する野田首相(31日午後、国会で)=清水敏明撮影

 自民党執行部内で、野田首相への問責決議案を8月のお盆前に提出する案が浮上している。早期の衆院選に追い込むのが狙いで、9月の自民党総裁選の動きが本格化する前に、野田政権との対決姿勢を鮮明にし、執行部として求心力を保つ思惑もある。公明党などとの連携が課題となる。

記事全文→ http://premium.yomiuri.co.jp/pc/?from=yolgn#/news_20120801-118-OYTPT00129/scrap_list_FD00000000
(2012年8月1日3時15分 読売新聞の一部を抜粋)

私は、野田氏は自民党の問責決議案の結果を無視し、9月の民主党代表選、自民党総裁選後に解散総選挙を行うよう日程を組むべきだと思っておりますよ。
不思議な話で悪いが、私はデジャヴで確かに、谷垣氏が首相になったのを視ているのであります。それも何回も…。私は自分の1年後の、大腸ポリープ再検査が行われたのを、自分自身でデジャヴしております。つまり体験済みなのであります。確かに1年後までの未来に居た記憶が残っている。大腸内洗浄剤を再度2リットル飲んだ記憶が存在しております。ただ余りにも私事な話なのでここで語ることはしないが、私は谷垣首相という自民党の意思決定にはもう懲り懲りだと思って受け止めておりますよ。
そういった未来が決まっているのであるならば、その未来を変えなくてはならない。そう思っております。それが神意なのだと思っております。

また、鳩山氏には早くに離党をするよう働きかけるべきでありますよね。民主党の代表選が思うようにいかなければ離党するなどと、どうにも子供染みた発言が飛び交っているようだが、そんな判断では国家運営が出来ないのは明らかでありますよね。

どうも日本の政治の劣化は凄まじい。

私も過去に飛ばされたら、その分若返った自分がそこに存在しているのだし、それはそれで良いのだけれども、どうにもこのデジャヴというのは、未来を完全に示唆し、精神衛生上良くない精神活動なので、そろそろ神様に開放して欲しいなとお願いしているとこなのであります。

私は神意の反映として、政治を改めなければいけないと思っております。

私は日本は共和制を布くべきだと思っておりますよ。そこまで考えがどうしても及んでしまう。
私は今後天皇になられる方が、性悪説を誤解し『性悪説の世の中なのだから自らも悪を行ってよい』と決して判断しないと、国民に確約するのであるならば、それから初めて天皇制を維持するべきだと思っているのであります。時代は変わりました。時代は天皇悪徳を必要とはしていない。

第二の天皇の『人間宣言』に関して言えば、性悪説に関する考え方の根拠を明らかにし、『政治の徳』に関して言及しなければいけないと思っております。今度の憲法の改正案が成立し、新憲法が布告されるときには、天皇の主権として、『天皇人間宣言』を前文に加えるべきだと思っております。その上で日本国元首制を布告するべきだと思っております。

その際には、国民投票が必要だと思っております。国民投票天皇主権が否定されたならば、速やかに大統領制を布告する。天皇の国事行為のみを大統領権限として新たに定め、象徴としての国家元首権を与え、その他の実質的政治運営は首相が行う日本共和国を樹立する。


…国民は主権者として、どういった方向を望むのでしょうかね?
私は女系天皇制に関しては、日本国の歴史にその過程を認めるわけにはいかないと思っております。

私は早くに第二次世界大戦の際の歪である、国家元首が存在しない民主主義国家、『日本国』という状況を打開する必要が存すると思っております。

本当に日本人はこのまま国家元首無しで国政を切り盛りしていくという『決められない政治』を望むのであろうか?
民意はどういった判断をするのであろうか?

日本の国政が、革命に及ばないことを祈っております。

革命か反抗か―カミュ=サルトル論争 (新潮文庫)

革命か反抗か―カミュ=サルトル論争 (新潮文庫)