松山千春氏「前面で戦いたい」大地で衆院選へ?

松山千春氏「前面で戦いたい」大地で衆院選へ?
 新党大地・真民主は14日、札幌市で政治資金パーティーを開いた。

 次期衆院選に道10区から立候補する予定の渡辺孝一・岩見沢市長(54)が出席し、鈴木宗男代表は「(パーティーに)出席してくれた以上は応援する」と述べ、次期衆院選での連携に含みを持たせた。

 次期衆院選の道10区では、自民党本部が公明党の稲津久衆院議員を推薦する方針で、渡辺氏は鈴木代表に求められ、急きょ壇上へ上がり「非常に苦しい立場ではあるが、新しい政治を目指して頑張ろうと思っている。鈴木先生にはご指導よろしく願います」と述べた。これに対し、鈴木代表は「しっかり頑張ってもらいたい」と話した。

 パーティーには新党大地の命名者である歌手の松山千春氏も出席し、「来たるべき総選挙では、私も前面に立って戦いたい」と述べ、次期衆院選に立候補する可能性を示した。

(要約前本文 見出し 2012年7月15日11時30分 読売新聞)

とうとう松山氏が立候補をするということになったのか?
もっと若い時代に立候補してくれていたならばとも思うが、致し方ないです。
どこの選挙区で出るんだろう?
もし比例選に出るなら、票を入れますよ。

今回の松山氏の立候補は、世の中を、未来を、変えるのが目的ですよね?
第一次産業の第六次産業化を推進してくれるとうれしいけれどもな、と思っております。
北海道共和国^^の顔になって欲しい。
応援しますよ。^^