小沢氏、河村市長「天下取りへ」と持ち上げたが

小沢氏、河村市長「天下取りへ」と持ち上げたが

減税日本のパーティーで、小沢元民主党代表(右)と握手する河村市長=鷹見安浩撮影
 名古屋市河村たかし市長は9日、代表を務める地域政党減税日本」の東京本部事務所開設記念パーティーを都内で開き、「既存政党とは一線を画し、新しい軸の政治を作りたい」とあいさつした。

 パーティーに出席した小沢一郎民主党代表は11日に発足させる新党と減税日本との連携に意欲を見せたものの、河村市長は東京都の石原慎太郎知事や大阪市橋下徹市長との連携を優先させる考えで、次期衆院選をにらんだ「第3極」の姿はまだ見えてこない状況だ。

 パーティーには小沢氏のほか、消費税率引き上げ法案に反対して民主党に離党届を提出した牧義夫(愛知4区)、鈴木克昌(同14区)両衆院議員民主党新党きづなみんなの党など党の枠を超えた衆参国会議員ら計約300人が出席した。

 あいさつに立った小沢氏は「河村さんもいよいよ天下取りということを願っているのだろう。大変結構。彼は絶対信念を曲げない男」と持ち上げた上で、「今後とも力を合わせて頑張りたい」と減税日本との連携に意気込みを見せた。

 これに対し、決意表明に立った河村市長は「世の中には庶民革命が必要。税金を払っている人をもっと大事にするべきだ」と語り、反増税や脱中央集権などに取り組む考えを表明したが、小沢氏との連携には触れずじまいだった。

 河村市長は次期衆院選に、東海地方だけでなく全国で100人程度の候補者を擁立する方針だ。第3極については石原知事や橋下市長との連携を優先する考えで、小沢氏の新党については「情勢を見極めたい」とする慎重な発言を繰り返している。パーティー終了後も記者団に対し、「とにかく東京、大阪との連携による第3極に全力を尽くしたい」と改めて語った。

(記事全文転載 見出し 2012年7月10日7時38分 読売新聞)
→ http://premium.yomiuri.co.jp/pc/?#/news_20120710-118-OYT1T00252/scrap_list_FD00000000

減税日本にしてみれば、次の衆議院選で勝たなければ、党の賞味期限切れという過程に入ってしまうおそれがありますよね。 
その上での次善の判断材料として、次の選挙では、おそらく小沢新党は負けてしまうということを念頭に置かなくてはならないでありましょう。負けが確定して、党議員総数が分かってから、どちらに付くか決めても良いくらいかもしれませんよね。
そのくらい強かでも、誰も批判はしないのではないでしょうか? 戦国の世の中ではないのだから…、勝ってからの陣構えでも誰も笑ったりはしないですよ。
間違って自民党と連携を組むと、盗聴器使用問題というネガティヴな話題に祀り上げられて、自分も巻き添えになってしまうかもしれない。
いわゆる自民党の自業自得に他党はお付き合いする必要はないのですよ。
河村氏は党の責任として勝神輿を選択する義務が存在している。それがおそらく名古屋を軸とする左右の分かれ目になるわけでありまして、私は必ずしも新党全合同に拘らなくても良いと思いますけれども、どうでありましょうか?


仕事は自分のペースでやれるのが一番の幸せ。その仕事と対になる他党のシステムを観察して、少人数でも力を持てるようになることが、前もっての次善の構えではないでしょうか?

民主党自民党国民新党、小沢新党は負けてしまいますよ。いわゆる国民は中道右派の政治に呆れ返ってしまったわけでありまして、ここは右翼を決め込んだ地方分権型政治に、『仕方なく』消去法で選択してしまうのではないか?

その上で新党の命をつなぐのは、天皇の御威光ではないということを、覚悟する必要がありますよね。

王権と盗聴器をダイレクトに繫いで解釈してはいけない。あくまでも盗聴器情報で国民を振り回したのは自民党なのだから、そこのところは責任を取らさなければならない。いわゆる遠慮なしに盗聴して見せて、それで王権の意向を振り回して見せたのは麻生氏なのだから、そこを踏んじまってしまえば、国民は納得するのでありましょう。

盗聴器のお臍は、森氏と麻生氏、谷垣氏ですよね。そういうわけで対自民党問題はよろしくお願いしますよ^^。
そこに噛んで見せたら、あとは新情報インフラ(政治用)をフルに使えば良いわけでありまして、今からそれをシステム構築しても時間は間に合うと思いますよ。^^

はあ〜。どうしても盗聴を止めないと、踏ん張っている勢力があるから…。こいつらはきっとオネショが治らないのではないでしょうかね? 盗聴器派生殺人鬼とオネショなんて言うのが、実しやかに語られるのかもしれない。

私と一緒で、真面目に仕事をしなければいけない。
馬鹿情報に、自分の間抜けをシンクロさせる必要は無いのでは…と思いますよね? 盗聴器というのは不思議な陶酔があるのか?依存症になるようでありますよね? 精神科を用意しなければいけません。
そういった意味で、日本の政治史で盗聴器院政を布いて見せた自民党は、どこからか依存症を治してあげなくてはいけない。

私は精神科を用意しても良いと思っておりますよ。

彼らの立法機能は完全にマヒしている。私を抓む為に弱者が巻き添えになっても一向に気にしていない。もう自民党は末期症状ですよね。政治の私物化が酷過ぎですよ。
正直言って、あれだけ公私の区別無く、政敵を討つことのみに齷齪できる、その精神が危ない、と思います。私は谷垣氏では日本が沈没すると見ておりますよ。

盗聴は『盗』という字が使われております。きっと人殺しの始まりなのでありましょう。

減税日本は正常な日常からの政党であることを祈っております。^^

国民の平穏無事な毎日を守って見せる必要があると思っております。

内閣情報室の仕事内容の開示を明言する必要がありますよね。


ここは自民党のみを負かせば、それで選挙に勝てるかもしれない。

自民党イコール盗聴器。それが国民に分かったら、政治は動くべきだと思います。