鳩山元首相らは「首相の後ろから発砲」…谷垣氏

鳩山元首相らは「首相の後ろから発砲」…谷垣氏
 野田首相は9日午前の衆院予算委員会で、衆院解散・総選挙の時期について、「やるべき事をやり抜いた暁に信を問う」と述べ、社会保障・税一体改革関連法案成立後の早期実施に否定的な考えを示した。

 首相は「一つのテーマだけを申し上げているのではない」とも指摘し、関連法案のほか、赤字国債の発行を認める特例公債法案などの成立にも意欲を示した。自民党の谷垣総裁が質問で、関連法案成立後の解散を求めたのに対し、答えた。

 谷垣氏は民主、自民、公明3党が合意した関連法案をめぐる民主党内の混乱を批判。民主党に離党届を提出した小沢一郎元代表らが新会派を結成し、党内でも鳩山元首相らが関連法案の成立を阻む動きを続けていることについて、「首相の後ろから鉄砲を撃つようなもので、3党の信頼関係もないがしろにする」と訴えた。

 これに対し、首相は「(衆院採決で)反対や棄権・欠席者が多く出たことについて、民主党代表として深くおわび申し上げる」と陳謝した上で、「一日も早く党の規律を回復し、3党合意を踏まえて法案を成立させる」と改めて決意を示した。

(要約不能につき原文転載 見出し 2012年7月9日13時42分 読売新聞)

http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#/news_20120709-118-OYT1T00305/scrap_list_FD00000000

今度の民主党代表選に野田氏は名乗りを上げるのでしょうか? そこから疑問に感じております。疑問に感じるというよりも、私はデジャヴで野田氏が民主党代表選を断念し、後進に席を譲ったのを覚えているが、果たして今回はどうなるのであろうか?
私は野田氏続投か、40歳代50歳代に席を譲るかにして欲しいと思っているが、党内ではどういった話が行われるのであろうか?

どちらにしてもやるべきことはきちんと終わらせて、思い残すことがないよう励んで欲しいと思っております。

最後は鳩山氏処遇かな? 今度造反したら、民主党を出てもらうことにしなければ、党はもたないと思います。鳩山氏処遇が、野田首相の最後の仕事にならぬよう祈っております。

当面造反議員の出た選挙区で、対立候補を用意しなければいけませんよね。十勝の話で悪いが、十勝民主党は未だ新党大地・真民主との連携を模索した状態のままでおりますよ。私は早めに民主党が石川氏の対立候補を準備してくれることを祈っているが、今後どうなるのでありましょうか?

次の民主党代表には、民自連携を準備できる候補者が立って欲しいと思っております。
そういった話のあとで、維新の会か民主党かで最後まで悩むのかなあ、と思って見ておりますが、今回は一応、維新の会に票を入れたいなと思っております。

自民党は盗聴器使用の問題で、信任することが出来ません。二十余年分の盗聴器使用で許せるわけがないのです。私は多分一生自民党には票を入れないと思いますよ。

民自が合併してシャッフルされたら、話は変わるかもしれない。今はそのことにしか希望を持っておりません。

盗聴器よりも良いもの…。私の企画案件からその商品が売りに出されておりますでしょうか? なかなか良い発想をしたと思っておりますが、どうでありましょう?

是非とも情報戦略の必勝パターンを手に入れるよう希望いたします。

その上で基本的人権の保護を蔑にしない政治をお願いしたいと思っております。
道具はあくまでも道具。議員が最終的には人権配慮で間違いを起こさぬよう希望するものであります。

間違いは道具ではなく人間が侵すもの。その認識が、一般社会の常識であり、政治家も例外ではないと思っておりますが、如何でありましょうか? 道具のせいにしないでくださいね…。間違ったら、積極的に直してください。

それが有権者の願いだと思っております。^^