「国民生活党」「新政党」案浮上…小沢新党名称

「国民生活党」「新政党」案浮上…小沢新党名称

『 民主党小沢一郎元代表ら離党届を提出した小沢グループの議員は3日、党の処分方針が決まったことで、新党結成への動きを加速させた。

 政策の基軸には「反増税」「脱原発」のほか、「地域主権改革」などを掲げる方向で調整が進んでいる。

 焦点の新党名については、小沢氏が掲げるスローガン「国民の生活が第一」から取って「国民生活党」とする案や、小沢氏が会長を務める「新しい政策研究会」(新政研)にならい、「新政党」とする案が浮上している。東祥三衆院議員は3日、離党届を提出した仲間を集め、「いいアイデアがあれば言ってきてほしい」と呼びかけた。

 小沢氏は4日に新党への参加意思がある議員を集め、党名や人事などの一任を取り付ける方針だ。小沢氏の党首就任も最終的に了承される見通しだ。』

(要約前本文 見出し 2012年7月4日7時18分 読売新聞)
→ http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#/news_20120704-118-OYT1T00217/scrap_list_FD00000000

小沢新党幹部に意見を具申するとしたならば、党名決めは重要な問題ですよ、と言いたい。
はっきり言えば、小沢氏は大統領になりたいのではないかと思うのですよ^^
そこの気持ちを抑え込んだら、70歳という年齢に自分で負けを認めることになりますよね。
そこはね。日本の王様に遠慮があるのだろうけれども…。笑


やはり『日本共和党』でないかい????(北海道弁)


はっきりと今回の政変は、今の政治に対する『革命』なのだという認識を持たなければ、政治を新しくすることなんてできないですよ。


性悪説に関する心的内証に意味がなくなります。
それで検察に告訴されたのでありましょう?


自己内面闘争を回避しない意味でも、共和主義というのは日本の政治家にとっての大切な課目になると思うなあ。


小沢氏側近はそこで逃げを打ってはいけません。


私は何回もの繰り返しで、共和党と名乗らずに尊皇派の仮面を被って失敗した小沢氏を見ているのですよ。浮上したければ、『共和党』と名乗るべきだと思いますよ。


必要の無い革命認識ならば持たないに越したことはないが、この『失われた二十年』に関する政治的なプロセスを持とうと思うのならば、『革命』認識の必然に気付くべきだと思いますよ。


まあ、名乗らんでも世の中は、もう『共和主義』から視線を反らさなくなっていくであろうな、と見ております。
今は拒絶反応があっても、国民は政治家に対するカードを所持することを覚えたら、もうそのカードを手放しませんよ。
そこの部分を一考する必要があると思います。

私は地方自治体でのみの一部共和制で、国民が納得するわけはないだろうな、と見ております。
やはり新党名は『日本共和党』でないかい?????(北海道弁)

スッキリしたいなあ。

革命か反抗か―カミュ=サルトル論争 (新潮文庫)

革命か反抗か―カミュ=サルトル論争 (新潮文庫)