強制起訴、小沢氏の政界での立場は TBS News-i

小沢氏がとうとう強制起訴になりましたよね。
氏の秘書であった三人が起訴された段階で、どうして氏だけが無実であると主張する事ができるであろうか?
氏は政治資金の不実記載問題が出た時に、単にそれは形式犯であり、帳簿を書き直せば済む事でないか?と主張しているが、それならば記載不良を認めた形になっており、そこに犯罪の意図が無いと主張する事に多少の違和感が生じる事をどう説明するのであろうか? そもそも政治資金記載漏れは、銀行決済との時間的矛盾などにより、お金の流れが不良である事を指し示しており、実際帳簿上時間的記載において大きく矛盾をしている事を示しております。
『そこにお金の出所を隠したい意図』のあった帳簿記載であったと見るべきであり、今回追起訴の内容に、四億円の出所に関する起訴事実が加わった事は、私は妥当な事であると考えております。
出所不良の政治資金を、正常な政治資金と偽って還流させるための工作があったと見るべきであり、それを小沢氏の関与無しで、行われた事と主張する事には、とても無理があると思っております。起訴内容の四億円が、小沢氏個人の資産であるという事それ自体に疑問符がついたわけであり、小沢氏と秘書たちの発言には、矛盾が生じている。
どこからどう見ても怪しいわけであり、そこの部分を徹底的に裁判で顕在化して欲しいと、思っております。
争点は、政治資金帳簿不実記載ではなく、小沢氏が自己資産だと主張して見せた四億円の出所の問題が大きな争点になると見込まれ、そちらの方が、小沢氏起訴のメインの部分になると思っております。
私はそのお金はブラックマネーであると見ております。
そこの部分を立証できないのであるならば、この裁判は遣る意味が殆ど無い。
そう思いますが、皆さんはどのような視点でこの事件を見ているでありましょうか?