予算案が実質審議入り=野党も出席、国会正常化

予算案が実質審議入り=野党も出席、国会正常化
 衆院予算委員会は31日午後、菅直人首相と全閣僚が出席して2011年度予算案の基本的質疑に入った。これに先立ち、野田佳彦財務相が予算案の提案理由説明の「補充説明」を行った。与野党合意がないままの日程設定に反発していた野党各党も出席し、国会は正常化した。 (2011/01/31-14:02)

与野党合意がないままの日程設定』ってどういう事だったのでしょうかね? そんな大人気ない事を、与党はやっていたのでしょうか? 議会制民主主義は、議会を行う事が政治の本筋のはず。与党側が日程調整を反故にするという事は、基本的な代議制民主主義に反しているのではないであろうか? 与党側には国民としてイエローカードをつき付けるしかないでしょうね。基本は基本。きちんとして欲しいと思って見ております。