通常国会きょう召集 予算関連法案の成立が焦点(11/01/24) テレビ朝日

今日、通常国会が始まりました。


はたして自民党の言う通り、解散総選挙が実施されるのか、見ている心算であります。
もし自民党が政権の座に就く事になったら、TPP問題はどういった扱いになるのでしょうか? 地方が選挙地盤である自民党が、農業団体の意向を無視してTPPを推し進める事ができるのであろうか?
税と社会保障との一体改革も自民党が政権をとったら、どういう事になるのでしょうか?
また、予算のばら撒きの修正をどう諮るのでしょうか?
早くに自民党案を見たいと思っております。
今の赤字国債発行高の大半の責任は、自民党にあるのです。自民党が政権について、はっきりと赤字国債減らしに舵を切ることが出来るのか?
消費税増税案を自民党はどう扱うのか?

今回の国会期間中に明らかにして欲しいと思っております。
はっきり言って、民主党案も自民党案も法案の最終系は、似かよったものなのでありましょう。問題の焦点は、如何に税収を上げて、財政を正常化させるか?であります。民主党でも自民党でも良いから、財政正常化を公約に掲げて、闘ってくれる政党は存在しないのでしょうかね?

国債を地道に返済してくれる政権公約に、票を入れたいと思っております。