赤字国債発行、2年先は無理…菅首相

赤字国債発行、2年先は無理…菅首相

 菅首相は8日、首相公邸で笹森清内閣特別顧問と会談し、日本の財政状況について「このまま赤字国債を発行し続ける状態は、2年先は無理だ。その意識は非常に強く持っている」と述べた。


 2011年度予算案で新規国債発行額が2年連続で税収を上回ったことを踏まえ、12年度予算では抜本的な税財政改革を目指す考えを示したものだ。

(2011年1月8日22時53分 読売新聞)

日本もとうとう財政破綻が視野に入ってくるようになってきましたよね。税収を国債発行が上回る事態にどう対処するのか? このままで行くと国民の総預金額を上回る累積国債発行高になってしまいます。
1%の消費税増で約2兆円の税収になるとか。5%の消費税増では、10兆円の税収が確保される事になりますよね。それをやらざるを得ない事態が近づいております。
当面、10兆円の増税か確保できるのならば、国債発行額を税収が上回る事になり、凌げる程度にはなりますよね。
菅首相は8日、首相公邸で笹森清内閣特別顧問と会談し、日本の財政状況について「このまま赤字国債を発行し続ける状態は、2年先は無理だ。その意識は非常に強く持っている」と述べた、とあります。財政健全化は避けて通れない道筋であります。
是非とも菅政権には、財政健全化の道を果たしてもらいたいと思っております。