政務三役会議に事務次官らを出席要請 TBS News-i

実際のところ、官僚に政務三役会議に出席するよう求めたのは、政治家だけの政治創造に企画アイディアが付いて来なくなった現状を意味するものではないであろうか? 仙谷氏はよく、政治に対してアイディアが無い、知恵を出すようにと口にするが、それがどれほど難しいかを、今回の処置は物語っているのではないであろうか? 官の政務三役会議出席に関しては、実際に企画やアイディアを出し、それを成功させた者には、それなりの褒賞や地位の向上を約束するという政治的合意が必要であるのではないであろうか? 企画やアイディアを出すのは当たり前、と政治家に勘繰られた段階で、何の見返りもないのであるならば、誰もアイディアを出したりはしないであろう。実際、企画立案、アイディアを出す者の優位を確立しなければ、政治の停滞は免れない物になるであろう。
今回は政治主導側と、行政の側との、傷み分けとして事態を把握し、政治と行政の協力体制が確立する事を、私は願っております。